MVNOなら老舗のIIJmioがおすすめ!

SIMカードを3枚にしていて、家族3人でそれぞれ使用しています。

私が現在使用しているSIMカードはIIJmioのデータ用SIMでファミリーシェアプランを使用しています。
IIJmioは格安SIMの会社として老舗で、非常に安定感と小回りの利くのが魅力です。
ファミリーシェアプランは月々10GBの容量を高速通信で利用することができます。
これだけの容量があれば、基本的インターネット環境には十分です。

 

私の場合は、SIMカードを3枚にしていて、家族3人でそれぞれ使用しています。
家にはインターネットを引かずに済んでいるので、通信費はこれだけです。
もちろん月々の高速通信は、翌月に繰り越すことができるので、あまり使わなかった月は、翌月に余裕を持たせることができます。
またIIJには「みおぽん」という速度を適宜調整できるアプリがあります。
これを使用することで、自分が使い過ぎてしまった場合には、遅い設定にしておけばひと月分の容量をペースを考えながら使うことができます。
通信環境も安定感があります。

 

一時期他社を使っていましたが、全く繋がらなかったり、遅すぎることがありましたが、IIJは安定してそれなりの速度が出てくれます。
恐らく、IIJよりも速度が出る早いMVNOもあるとは思いますが、安定していることが一番重要だと思っています。
また、IIJの中の人は、「てくろぐ」というMVNOの内部事情を公開しているBlogを運営してくれていたり、お客様との定期的なミーティングなども行っていて、サービスを良くしていこうという姿勢を強く感じます。
ただ安いだけのMVNOだと、何かしら詰めが甘い部分があるように思いますが、このIIJは信頼性が本当に高いのが魅力です。

関連ページ

電話かけ放題プランがうれしいY!mobile
端末はNEXUS5なんですが、契約時に他社乗り換えキャンペーンで無料でゲット出来たのでこれにしました。
安価でLTEが使えるMVNOはどこ?
各容量を最安値クラスで提供しているのが特徴で、SIMカード自体はAmazon等で安価で入手できるのが良かったです。
格安simのIIJmioについて
ドコモのガラケーのプランで月々2000円以下で運用していた為、スマホに買い換えてもそれと同程度の料金で済ませたかった為、いろいろと調べてみました。
auの回線を使用しているmineo
mineoを契約した経緯については、auの回線を使用しているため、auのスマホを使用できる点にメリットを感じたからです。
フリーテルの安心プランがいい
スマホ代に月7000円くらいを払っていることがすごく高いと思っていました。
始めてならOCNモバイルONE
すべてのプランにおいて、定められた通信容量を超過すると、速度制限がかけられ下り200Kbpsとなります。月コースは翌月になれば解除され、日コースは翌日になれば解除されます。
b-mobileの格安SIM
b-mobileの通話機能付きデータ通信SIMをドコモの白ロムスマホに挿して使っています。