安価でLTEが使えるMVNOはどこ?

安価でLTEが使えるDMMモバイル

DMMモバイルというMVNOのデータ1GBプランをASUS ZenFone5という機種で使用しています。

 

この会社では各容量を最安値クラスで提供しているのが特徴で、SIMカード自体はAmazon等で安価で入手できるのが良かったです。

 

利用しているのはデータのみのプランですが、ネット上で信頼の高いIIJのドコモ回線を使用しているので、安定して通信ができます。

 

また、LTEの高速通信は専用のアプリで簡単にオン・オフができるので、高速通信の残量のコントロールが簡単にできる点が良いと思います。

 

普段はあまり高速通信を必要としない使い方なのですが、各社とも高速通信なしのプランでは回線が混雑する時間帯やいざという時に繋がりにくいことがあるので、少量の高速通信が欲しかったので助かっています。

 

自宅ではWi-Fiを利用していて、外出先であまり動画などの通信量の多いアプリを使用しない場合は1GBでも全く問題なく使用できます。

 

余った高速通信は翌月まで繰り越せるので、無駄がありません。

 

当方の使い方では1GBプランでも使い切れず、3ヶ月目からは月初に2GBの容量になっています。

 

毎月ポイントがたまりますが、期限が1ヶ月と短いのが難点です。

 

DMMの有料サービスをよく利用する人以外には使い道がなく、あまり意味がありません。

 

データのみで通話なしのプランですが、050系のIP電話アプリを利用したり、LINEやSkypeの通話機能を利用することで、音声通話を利用することができます。

 

自宅にWi-Fiがあることが前提ですが、これが現時点で最も安くスマホを使用する方法です。

 

 

関連ページ

電話かけ放題プランがうれしいY!mobile
端末はNEXUS5なんですが、契約時に他社乗り換えキャンペーンで無料でゲット出来たのでこれにしました。
格安simのIIJmioについて
ドコモのガラケーのプランで月々2000円以下で運用していた為、スマホに買い換えてもそれと同程度の料金で済ませたかった為、いろいろと調べてみました。
auの回線を使用しているmineo
mineoを契約した経緯については、auの回線を使用しているため、auのスマホを使用できる点にメリットを感じたからです。
MVNOなら老舗のIIJmioがおすすめ!
IIJmioは格安SIMの会社として老舗で、非常に安定感と小回りの利くのが魅力です。
フリーテルの安心プランがいい
スマホ代に月7000円くらいを払っていることがすごく高いと思っていました。
始めてならOCNモバイルONE
すべてのプランにおいて、定められた通信容量を超過すると、速度制限がかけられ下り200Kbpsとなります。月コースは翌月になれば解除され、日コースは翌日になれば解除されます。
b-mobileの格安SIM
b-mobileの通話機能付きデータ通信SIMをドコモの白ロムスマホに挿して使っています。