始めてならOCNモバイルONE

MVNO(格安スマホ)初心者ならOCNモバイルONE

・MVNOとは?
MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略称です。
難しそうな響きですが、携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)を他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことです。
2001年秋に日本初のMVNOが登場して以来、今ではたくさんの事業者がMVNOとしていろんなサービスを提供しています。

 

いろんな事業者・企業がキャリアの無線通信インフラだけを借りて、「映像コンテンツに強い」「人気キャラクターブランドのケータイ」といった独自の付加価値をつけて参入したことで、私たちユーザーは、各社のサービス内容・特色や料金プランから判断して、自分にいちばんピッタリくるサービスを選べるようになっているのがMVNOの特徴です。

 

私はOCNモバイルONEを使っています。
料金が安いので、はじめてスマホを使うという人にお勧めの商品です。
まだMVNOの利用をしたことがない人は、とりあえずOCNモバイルONEで様子を見てみるというのもお勧めです。
6つのプランがあるので、生活スタイルに添ってコースを選べるというのも魅力です。

 

 

そしてそのプランに、SMSをつけるのか、音声通話をつけるのかでまた料金が変わってきます。
すべてのプランにおいて、定められた通信容量を超過すると、速度制限がかけられ下り200Kbpsとなります。
月コースは翌月になれば解除され、日コースは翌日になれば解除されます。

 

MVNEも兼ねるOCNモバイルONEは、帯域もある程度確保されている可能性が高いため通信も速い、と普通に考えれば連想するわけですが、実際のところはそこまで極端に速くはありません。

 

私が使った時間帯(お昼ごろ)ですが、回線が込み合って読み込みに時間が掛かるということもあります。

 

その時間帯に急いで調べ物をしたいときには多少不便さを感じます。
メリットは、余った一日あたりの残った容量が翌日に繰り越されることです。
この機能は非常に便利に活用することができる、ユーザーとしてはうれしい機能です。

 

関連ページ

電話かけ放題プランがうれしいY!mobile
端末はNEXUS5なんですが、契約時に他社乗り換えキャンペーンで無料でゲット出来たのでこれにしました。
安価でLTEが使えるMVNOはどこ?
各容量を最安値クラスで提供しているのが特徴で、SIMカード自体はAmazon等で安価で入手できるのが良かったです。
格安simのIIJmioについて
ドコモのガラケーのプランで月々2000円以下で運用していた為、スマホに買い換えてもそれと同程度の料金で済ませたかった為、いろいろと調べてみました。
auの回線を使用しているmineo
mineoを契約した経緯については、auの回線を使用しているため、auのスマホを使用できる点にメリットを感じたからです。
MVNOなら老舗のIIJmioがおすすめ!
IIJmioは格安SIMの会社として老舗で、非常に安定感と小回りの利くのが魅力です。
フリーテルの安心プランがいい
スマホ代に月7000円くらいを払っていることがすごく高いと思っていました。
b-mobileの格安SIM
b-mobileの通話機能付きデータ通信SIMをドコモの白ロムスマホに挿して使っています。