So-netの“0SIM”は無料から!

So-netの“0SIM”は500MBまでは無料。定額1600円で5GBまで。

So-netの0SIMデータ専用プランを利用しました。
普段のネットは主にキャリアや自宅のwifiを使用していますが、毎月の使用量にかなりバラつきがあり、また旅行先や通信制限時の補助としても考えこちらを選びました。

 

このSIMを契約した一番の魅力はやはり月の使用量が500MB未満ならばずっと0円でOKなことです。
初期費用は他のMVNO同様にかかりますが、それ以降は使用量に注意すれば毎月の支払はありません。
500MB未満の場合、本来ならば毎月支払う必要のあるユニバーサルサービス料も0円なので文字通り無料で維持が可能です。
ですので他のMVNOのプランのようにあまり使わなくても毎月一定の料金がかかってしまうということにならずにすみます。
MVNOだとユーザーの詰め込みによって通信速度が圧迫されて使い物にならないという話を耳にしますが、0SIMの料金は従量制で使う分だけかかり、また無料使用を意識した作りのためユーザーも500MB未満に抑えようとの動きがあるので他所のような窮屈さはあまりないように感じました。
速度も基本が高速通信なので、場所にもよりますが昼間の混雑時以外は快適に通信できています。

 


SONETのSIM+スマホセット1980円
ZTE Blade V6

 

無料で使用する前提の場合、マメにSo-netのサイトで使用量の確認をしなくてはなりません。
ですが公式のページは更新が遅くうっかり使いすぎてしまう危険があるので注意が必要です。
対策としてはアプリやスマホの設定で現在のデータ使用量を確認し、可能な場合月の使用量を500MB以上にならないよう上限を設定しておくことです。
公式の表示と端末とではいくらかのズレが生じるため、まずは450〜480MBあたりに設定して公式と使用量を見比べて設定しておくと安心です。
加えて月をまたぐ通信の場合は前月の使用量として加算されるので、設定をしない場合はその点も気をつけて使う必要があります。
また使わないからといって3か月間全くデータ通信を行わないとメール連絡後解約されてしまいますので、最低限の通信や万が一のため登録したアドレスに届くメールは確認しましょう。

 

もし月に500MB以上使用した場合の料金も100MBずつ100円と細かく設定されており、また1600円までの上限設定があるので使いすぎの心配もありません。
上限まで支払った場合はそのまま高速で5GBまで使え、それ以上でも速度制限はかかりますがそのまま使えます。
同料金なので2GBだと割高に感じますが、この特徴で5GBならまずまずの設定だと思います。
サブとして普段からメイン以外の端末に差しておく、多めに使いたい月や速度制限時の通信用に持っておく、普段は自宅のwifiで問題ないが外で少し使いたい時がある等、個人に合わせて様々な使い方が可能なので1枚持っていて損はないと感じました。
保険としての安心もあり現在とても満足しています。

関連ページ

NifMoでZenfone2laserを購入!安くて快適です
発売前はauのスマホを使っていたのですが、月々の料金が7,000円以上で、少々高めでしたので、去年の夏にNifMoに乗り換えました。
OCNモバイルONEで月額2500円
それまで使用していた従来型携帯、いわゆるガラケーからMVNO(格安スマホ)に切り替えて一年以上経過しました。
NifMOとガラケーの2台持ち
私が2台持ちしている一番の理由は「子供がスマホを触る可能性がある」ことを考えたからです。絶対に触らせないと決めていればいいのですが、子供がぐずった時はとっても役に立つし、大人が面白そうに触っているのに興味がでないわけがないですよね。
mineoのarrowsでDプランを使っています
キャンペーンを利用して使っており料金が大幅な割引のために1,000円以下でつかえるために今までの大手の3社と比べるとだいぶお安くなりました。
ガラケーとの2台持ちがいい
料金プランしかないからズルズルと使い続けているだけなのであり、正直なことを言うと、その分をほかの消費に回したいという気持ちでいっぱいです。
BIGLOBEスマホで高かったキャリアのスマホを卒業
契約している料金プランは、音声通話SIMのエントリープランです。これまでドコモでの、自分のスマホ利用の感じから、高速データ通信容量が、3GBのエントリープランで十分だと思いました。
MVNOで格安でiPhone5sを利用する
プランは、SMS非対応で月に3GBまで使用可能のデータ専用のミニマムスタートプラン(3GBは高速時でのデータ量)です。
コストパフォーマンスは楽天?!
実際使ってみた感想は、Xperiaやiphoneと比べればアプリゲームの処理がもたつくことがありますが、レスポンスや、操作性は悪くないです。
iPhone5sでLINEで情報共有
携帯の毎月の代金ですが、ガラ系の時は、2000円くらいでしたが、現在は、7000円くらいです。
y!mobileへMNPした結果
契約した店舗施策で、他社からの乗り換え違約金1万円キャッシュバックで計夫婦2万貰えました、が同等額を分割で毎月の割引に充ててもいいとのことでそちらにすることに。
ガラケーからOCNモバイルONEへ
キャリアのスマホ料金はどうしても1万円を下らないようで、その金額はそれほど使用頻度の多くない私にとってはもったいないといえる金額でした。
格安スマホ「FREETEL」について
auのiphone5から格安スマホFREETELのpriori3というスマホに替えました。格安スマホに替えたわけは単純に月々の利用料を安くしたかったからです。
UQモバイルのモバイルWifiルーター
我が家は1年前からUQモバイルのモバイルWifiルーターを契約しています
IIJmioに乗り換えました
SIMフリーのiPhoneをアップルストアで購入してアメリカで使っていました。
iijmioのデータ通信専用SIM
iijmioを選んだきっかけは、使わなかったデータ容量を次月に繰り越しできるからです。