OCNモバイルONEで月額2500円 

格安SIMを実際に使ってみて感じたことについて

それまで使用していた従来型携帯、いわゆるガラケーからMVNO(格安スマホ)に切り替えて一年以上経過しました。
ガラケー向けに提供されていたコンテンツが軒並み終了していったため、必要に迫られてスマホへの切り替えを行ったのですが、いわゆるキャリアのスマホは月額料金が高すぎるように思えたので、格安スマホへナンバーディスプレイを利用して切り替えを行いました。

 

いくつかの会社を検討したのですが、契約したのはOCNモバイルONEでした。
バックボーンがNTTであるという信頼性が一番の理由ですが、クチコミなどでも品質の安定性への評価も高かったこと、オプションですが留守番電話サービスにも対応していたことなど複数のポイントにより決めました。
契約したコースは通話付の一日11MBまで使用量が決められているプランです。
これに留守番電話のオプションをつけて、今のところ月額2500円前後を推移しています。
それまで使っていたガラケーの利用料金よりも安くなりました。

 

 

一日ごとにデータ使用量の上限が決められているプランで、使用しなかった分は繰越も可能です。
110MBというのは、一日中使い続けているような人には足らないようなデータ量かもしれませんが、それほどの使用量のない私にとっては十分な上限の量で、明らかに使いすぎたというときに数回オーバーしたくらいで、個人的には足りないとは感じていません。
110MBでは足りないという人には、それよりも多いデータ量のプランもありますし、最初は少ないデータ量のプランを契約して、必要ならプランを切り替えればよいのではと思います。

 

ただそもそも一日中にらめっこしてゲームや動画もフルで楽しんでいるような人には、このようなプランが主体の格安SIMではなく、キャリアの使い放題のプランを選ぶべきなのでしょう。
そういう人であれば、月額一万円越えてもその元は取れているといえるかもしれません。

 

 

とりわけ不満というものは感じていませんが、端末の設定は自分でやらなくてはいけないし、その端末も海外製のものなので困ったときのサポートについては少し不安があります。
OCNそのもののサポートには一度問合せましたが、とても丁寧な対応をもらえたので、そちらへの対応は大変満足しています。

 

場所によっては通信を遅く感じたりすることもありますが、月額料金を考えれば不満を覚えるほどではありません。
ローコストでハイスペックを望むのはさすがに業者側からしてみれば無茶を言うな、という話です。
そのあたりの妥協点が自分も納得できるかどうかというのが、格安SIMに向いているかどうかを判断する一材料にもなるでしょう。

 

関連ページ

NifMoでZenfone2laserを購入!安くて快適です
発売前はauのスマホを使っていたのですが、月々の料金が7,000円以上で、少々高めでしたので、去年の夏にNifMoに乗り換えました。
NifMOとガラケーの2台持ち
私が2台持ちしている一番の理由は「子供がスマホを触る可能性がある」ことを考えたからです。絶対に触らせないと決めていればいいのですが、子供がぐずった時はとっても役に立つし、大人が面白そうに触っているのに興味がでないわけがないですよね。
mineoのarrowsでDプランを使っています
キャンペーンを利用して使っており料金が大幅な割引のために1,000円以下でつかえるために今までの大手の3社と比べるとだいぶお安くなりました。
ガラケーとの2台持ちがいい
料金プランしかないからズルズルと使い続けているだけなのであり、正直なことを言うと、その分をほかの消費に回したいという気持ちでいっぱいです。
BIGLOBEスマホで高かったキャリアのスマホを卒業
契約している料金プランは、音声通話SIMのエントリープランです。これまでドコモでの、自分のスマホ利用の感じから、高速データ通信容量が、3GBのエントリープランで十分だと思いました。
MVNOで格安でiPhone5sを利用する
プランは、SMS非対応で月に3GBまで使用可能のデータ専用のミニマムスタートプラン(3GBは高速時でのデータ量)です。
コストパフォーマンスは楽天?!
実際使ってみた感想は、Xperiaやiphoneと比べればアプリゲームの処理がもたつくことがありますが、レスポンスや、操作性は悪くないです。
iPhone5sでLINEで情報共有
携帯の毎月の代金ですが、ガラ系の時は、2000円くらいでしたが、現在は、7000円くらいです。
y!mobileへMNPした結果
契約した店舗施策で、他社からの乗り換え違約金1万円キャッシュバックで計夫婦2万貰えました、が同等額を分割で毎月の割引に充ててもいいとのことでそちらにすることに。
ガラケーからOCNモバイルONEへ
キャリアのスマホ料金はどうしても1万円を下らないようで、その金額はそれほど使用頻度の多くない私にとってはもったいないといえる金額でした。
格安スマホ「FREETEL」について
auのiphone5から格安スマホFREETELのpriori3というスマホに替えました。格安スマホに替えたわけは単純に月々の利用料を安くしたかったからです。
UQモバイルのモバイルWifiルーター
我が家は1年前からUQモバイルのモバイルWifiルーターを契約しています
IIJmioに乗り換えました
SIMフリーのiPhoneをアップルストアで購入してアメリカで使っていました。
iijmioのデータ通信専用SIM
iijmioを選んだきっかけは、使わなかったデータ容量を次月に繰り越しできるからです。
So-netの“0SIM”は無料から!
普段のネットは主にキャリアや自宅のwifiを使用していますが、毎月の使用量にかなりバラつきがあり、また旅行先や通信制限時の補助としても考えこちらを選びました。