パンテックの IS06

Wi-Fiでネット接続しています

私が持っているスマートフォンはISO6です。
購入したのは今から数年前です。
それまでauの携帯を使っていたことから、その流れでこのスマホを選びました。
アマゾンで購入したときは、たしか1万円以下だったと思います。
アンドロイドOS2.2ということもあり、アプリ開発に使えるのではないかと考えていました。
アプリ開発に使うスマホは、Wi-Fiでネット接続するため、携帯電話会社には契約していません。
そのため、毎月の利用料金はいっさいかかっていません。

 

スマホは電力消費がガラケーよりも大きいので、使っているとすぐに熱くなってしまいますが、このスマホもそうです。
ネットでよくプレイストアからゲームやアプリをダウンロードしていたのですが、Wi-Fiで接続しているためなのか、ネットが切断されやすいです。
これは私の使っているWi-Fi環境が悪いのかとずっと思っていましたが、持っている他のスマホと比較すると、やはり回線が途切れやすいと感じています。
内蔵メモリが少ないので、SDカードをいれているのですが、SDカードをいれるためには蓋を開けなければなりません。
しかし、蓋をあけるのにはいつも苦労します。
他のスマホに比べると非常に開けにくいです。

 

最初にインストールされているアプリはそこそこあるのですが、Wi-Fiに必要なAOSSやQR読み込みアプリ、YOUTUBEなどがはいっていなかったので、それが残念でした。
プレイストアからアプリをダウンロードしようと思っても、アンドロイドOS2.2であることから、対応していないアプリがけっこうあります。
最新の人気ゲームはほとんどダウンロードできません。
インストールしても起動せずに強制終了するアプリも多いです。
小さめのスマホなので使い心地はとてもよかったのですが、他のスマホに比べると画面が小さく、ゲームをやるときにも文字が小さくて見えなかったり、WEBサイトを見ているときにもやはり文字が読みにくいと感じることがありました。

 

OSを2.3にアップロードしたかったので、いろいろ調べてみたのですが、この機種はそれができないようです。
他にもスマホを持っていますが、そのOSがアンドロイド5.1なので、もし次に買うとしたらOS6か7にしたいと思います。
携帯電話のOSは移り変わりが速いですが、5.1であればしばらくは使えると考えています。

 

ISO6は今では開発には使っていません。
アンドロイドのアプリ開発のツールは、グーグルが提供しているのですが、その開発ツールはアンドロイドOS2.3以上に対応しています。
では、2.3だといいのかというと、いちがいにそうとはいえず、2.3.3で開発している開発者もいるので、2.3でもダウンロードできない場合もあります。
OSが進化するたびに、いろんな便利な機能が使えるようになっていくので、それに対応したアプリも多くなっていきます。
そうなると、インストールできないアプリも増えていきますが、OSをアップデートできるスマホであれば、機種変更することなく今まで通り使うことができます。
3G回線はまだしばらく使えるとは思いますが、スマホのゲームをしている人であれば、「3G回線ではダウンロードに時間がかかります」という表示を目にしたことがあるかと思います。
私はWi-Fiでゲームをしているので、3Gだろうが4Gだろうが関係ないのですが、今持っている最新のスマホはいちおう4G対応です。

関連ページ

HUAWEI社のG620S
高くて高機能というのは当たり前ですし、スマホは必ず壊れるので消耗品ととらえ、コスパを重視して選んでいます。購入して数か月がたちますが、使い心地としては完璧と言えるほどだと思います。
LUMIEREに大満足
他社からの乗り換えキャンペーンでスマホを無料ゲットしたんですが、思ったより使い心地が良くてビックリしました。
HUAWEI社のLUMIERE 503HW
とにかく料金を安くしたかったので、あまり機種や機能を選ばず一番安いものにしました。
サムソンのgalaxyU
数あるスマホの中からこの機種を選んだ理由はずばり画面の大きさです。今でこそ大画面スマホも珍しくありませんが、スマホが出始めた当時はコンパクトなサイズがほとんどでした。
iPhone6 A1586の使い心地
ずっとソフトバンクユーザーで、iPhone6にアップグレードする時も番号やメアドを変えたくなかったので、携帯電話会社の変更は考えませんでした。
Sony Experia Z Ultra SOL04は意外と・・・
使用しているスマホの機種はSony Experia Z Ultra SOL04のブラックです。購入時期は2014年10月頃だったと思います。